MARIN Hamilton 29er 2013

8月30日でクロスバイクを購入して1年が経ちました。自転車通勤を始めて1年です。

細々したカスタムと消耗品の交換、極力自分の手で行ってきましたが、そのぶん愛着が湧きますし、大切に出来てると思います。

実は1年前と今とでは、体重も激減しました。
その話はまた別の記事で書こうかと思います。

そう、チェーンとプーリーは以前にも交換した事がありますが、スプロケとBBの交換は初めてです。

購入した一式

チェーン
[SHIMANO CN-HG40]

BB
[SHIMANO BB-UN55]シェル幅73 軸長113

スプロケ
[CS-HG41-7]

プーリー
[SHIMANO 5700]

実は、先に話しておくと私のクロスバイクのBBのシェル幅は73mmではなく68mmでした…。
今回間違えて購入しました。。。

チェーンを外す

まずはチェーンを外します。
チェーンカッターという工具を使用します。

このようにチェーンカッターへチェーンをセットして、手元のハンドルを回していきピンを押し出してやります。

簡単ですね。

以前の記事でもご紹介してますので、宜しければ参考までに。
自転車 (クロスバイク) のチェーン交換に必要な工具と交換方法

クランクを外す

クランクを外すには、まず8mmのアーレンキーでクランク中央のボルトを外します。

その後、コッタレスクランク抜きを使用して外します。

最初にボルトを外した場所へ、クランク抜きをセット。

あとはモンキーレンチで時計回りに回していく事で、クランクが車体から押し放されていき、外れます。

こちらも以前の記事でご紹介してますので、宜しければ参考までに。
自転車のクランクとBB (ボトムブラケット) の着脱方法

BBを外す

今回、個人的にはここがうまくいきました。
前回はかなり苦戦しましたので^^;

使うのはこれ、BB取り付け工具です。

これをセットして、レンチ(32mm以上)で回します。
逆ネジなので、右側は時計回りに回すと外れます。

しかしこれが固い。。。
そして、BB取り付け工具の溝は浅いので、不安定で力が入れづらい。。。

前回はハンマーで何度もレンチ側を叩いて、かなりの時間がかかりました。

うーん、と再び考え、たまたま工具箱の中にあったACORのチェーンチェッカー。

そしてクランクをBBに取り付けるフィキシングボルト。

これらでBB取り付け工具を固定できないものか…。

できた!

完璧です。

※スパナなどでも代用できますね。

そしてレンチで挟んでセットしたら時計回りに足でグイっと。

これで外れました。

ひらめきって大事(笑)

プーリーを外す

プーリーも当然消耗品です。
以外と削れるものですね。
とはいえそんなに頻繁に交換するものでもないようです。

前回交換したACORのアルミプーリー、その時は特にGOLDのパーツに拘っていたので、見つけてすぐに交換しましたが、やはりSHIMANOに戻そうかと思い、今回購入しました。

プーリーの説明と交換方法はこちら
自転車のプーリー交換 [ACORアルミプーリー]

外してみましたが、汚れすぎていて、もはやGOLDではないです(笑)

これをSHIMANOのプーリーに。
SHIMANOのプーリーはガイドプーリーとテンションプーリーが区別されています。
きちんと書いてあるのですぐにわかります。
こちらがガイドプーリー

こちらがテンションプーリー

後ほどこれも取り付けていきます。

スプロケを外す

走行距離にもよるとは思いますが、スプロケも削れていきます。
外すのに必要な工具は小ギア抜きロックリング回し

こちらも手順はこちらからどうぞ。
スプロケットの外し方と洗浄方法

外しましたが、酷く汚れています。

取り付けは簡単。
差し込んで、ロックリング回しで固定するだけ。

今回、スプロケの交換でギア比が変わります。
今までのスプロケは12-32の7速だったのですが、今回は11-28にしました。
ほんの少しなのですが、乗ってみると違いがわかる程でした。

より加速するようになりました。

折角なので掃除してから取り付け

BBを外したところに錆があったので、これで錆の除去と掃除。

フロントのスプロケも外して掃除。

実は初めてばらしました。
アーレンキー2本で外します。

油や汚れが付着しているので綺麗に掃除します。

色々覚えてくると手際も良くなってくるので、そんなに大変ではなくなってきますね。
それ以上に楽しくなってきます(笑)

写真の右上に写りこんでるのは、蚊取り線香です(笑)
この時期外での作業には必需品です。。。

あとは全て取り付けておしまい。

最初に話したBBのシェル幅に関してですが、僅か5mmの差とはいえ、こんなにもはみ出してしまいます。

今の所走行に問題はないのですが、長期の使用は車体に影響を及ぼしそうなので、早々に68mmを注文して交換しようと思います…。

正直これらの交換で、購入直後以上の快適さになりました。
細かなパーツも少しずつグレードアップしてますので当然かもしれませんが、走るのが楽しくなりますね。

あとは、注文してあるタイヤとチューブが届いたらタイヤ交換です。

8月の合計走行距離
897km

ちゃんと走行距離の計測を開始したのは2014年に入ってからですが、現時点でのトータルは7686km。

1年間でおそよ1万kmは走っていたんだと思います。

大事にして、こいつとは長く付き合っていけたらと思います。