昨年クロスバイクをブルホーン化し、今年は一度MARINの純正ライザーバーに戻しました。

そして今回初のバーテープ交換に挑戦し、再びハンドルをブルホーンバーに戻そうという流れ。

nitto製、HELMZのブルホーンバーに、今まではHELMZのカモフラのバーテープを巻いていたわけですが、もう少し握った感じ、厚み、クッション性も欲しくなり、もう何度自転車屋さんへ足を運んだことか(笑)

バーテープの種類が多すぎてなかなか決められませんでした。

色はフレームのマットブラックに馴染むもので、それなりにクッション性・耐久性があるもの。

ショップに行けば、商品によって指で少しテープの触り心地を確かめる事は出来ますが、握った感触まではわかりません。

「買って使ってみるしかない!」と心を決めて購入したのは、コルクタイプのバーテープ。

弾力性のある素材の中にコルクのつぶが混ざっていて、個人的には観た目の雰囲気も好みでした。

購入したのはコルナゴのバーテープ。

コルナゴ コルクバーテープがオススメ!

IMG_1395.JPG
価格は2000円程。

初めての事はいつもワクワクします。
大人になってからこんな気持ちを何度も経験できるのも自転車のお陰。

パッケージの内容は
・バーテープ2本
・エンドキャップ2個
・フィニッシュテープ2枚
・ブラケット部分の隠しテープ2枚
※これは必要に応じて使用

バーテープの巻き方

巻く方向

ハンドルバーを握った時に、力が加わる方向と同じ方向に向かって巻くのが基本との事。

なので、ブルホーンバーの手前をよく持つ人は、バーのエンド側から内側へ巻いていくイメージです。

巻き始め

調べているとエンド側から巻いていく人が多いようです。

今回もエンド側から巻き始めましたが、作業はスムーズにできました。

下準備

1.フィニッシュテープはフレームなどに貼ってすぐに取れるようにしておく

IMG_1406.JPG

手の届かない位置にあると、最後にアタフタします(笑)

2.ハサミを手の届く位置に用意

巻き始めと、巻き終わりに使用するので、これも手元にある方が絶対良いです。

3.バーテープ裏側の両面テープは剥がしておく

今回これを知らずに、剥がしながらの作業をしましたが、かなり面倒でした。
テープを巻いては剥がした両面テープのゴミをクルクルと回して位置を正す。効率悪いですね…。

作業開始

先ずはブレーキやシフターを全てセッティングします。このタイミングで先程更新したAVIDのSpeed Dial7をセッティングしました。
IMG_1400.JPG

そしてブルホーンバー左側から。
テープの端をカットしておくとエンドキャップが入りやすくなります。そして仕上がりも綺麗です。
IMG_1402.JPG

切る方向間違えると「アレ?」となります(笑)自分は一度間違えました。。。

巻き方は、ストレートな部分は3分の1くらい重ねて、カーブでは2分の1くらい重ねるイメージで巻いていきます。

テープの特性にもよるかもしれませんが、割と引っ張りながらシッカリと巻いていきます。

そして最後に差し掛かったら再びハサミの登場です。このようにカットして最後は真っ直ぐになるように。
IMG_1405.JPG

テープの端を手で押さえながらフィニッシュテープを巻いて固定すれば完了です。
IMG_1408.TIF

エンドキャップも付け忘れないように。

片方が終われば、同様の手順でもう片方も。

作業終了

毎度の夜な夜な作業で写真が暗かったので、仕上がりは明るい写真を。
IMG_1417.JPG

グリップも良く、素手でも滑りません。
厚みもシックリきました。
さりげなくエンボス加工で施されたCOLNAGOのロゴも良い感じ。

まだバーテープはHELMZとコルナゴの2つしか経験してませんが、コルナゴのバーテープはオススメです。

カラーバリエーションもあるので、そろそろ交換という方は是非候補のひとつに。