自転車のライトを選ぶ時に目にする明るさの単位があります。
ルーメン(lm)カンデラ(cd)

「どっちも数字が大きいほど明るいんだろうなぁ」とまでは想像できますが、それ以上の事は全くわかりませんでしたので、今回調べてみました。

カンデラ(cd)とは

[定義]
放射強度683分の1ワット毎ステラジアンで540テラヘルツの単色光を放射する光源のその放射の方向における光度
引用元:カンデラとは -Wikipedia

一応そのような定義があるようですが…全くわかりませんよね(笑)

簡単に説明するとカンデラとは

・光度、眩しさを表す単位
・ライトが一番眩しく見える位置から見た眩しさ

そのライトの最大光度がカンデラ

というわけです。
よってライトそのものの眩しさというわけですね。

ルーメン(lm)とは

[定義]
1カンデラの光源から1ステラジアン内に放射される光束
引用元:ルーメン -Wikipedia

こちらも全くわかりませんよね(笑)

簡単に説明するとルーメンとは

・光量、光束を表す単位
・ある範囲を1カンデラで照らす事の出来る光量が1ルーメン

そのライトが持つ光量がルーメン

要するに
カンデラは光の強さ
ルーメンは光の量

という事です。

ですので、カンデラとルーメンは全く別の単位です。

当然
200ルーメン=200カンデラとはなりません。

400カンデラって何ルーメン?
と聞かれても照射角度が分からなければ答えは出ません。

逆に言えば、照射角度が明確であれば、計算式によって導き出せるという事ですかね。

カンデラとルーメンを考えていると
カメラの絞りなどと近い感覚にも思えてきます。

例えば、ライトで広範囲を照らしたとします。
薄く光が広がっているイメージが出来ると思います。

今度は同じライトで光の範囲を絞り、スポットライトのようにしてみます。照らされている範囲の明るさが増す事が想像できますよね。

更に絞って、レーザービームのようにしてみます。
目に入ったらひとたまりもないくらい眩しく感じるだろうと想像できますよね。

今の話でいうところの、照らされている部分の明るさがカンデラですよね。
絞るほど眩しくなっていますので、カンデラの数値は高くなるはずです。

そしてこのライトそのものが持つ光量、それがルーメンですよね。

同じルーメン(lm)のライトで照射範囲が広くなればカンデラ(cd)は下がり、照射範囲が狭くなればカンデラ(cd)はあがります。

300ルーメンの電球と、300ルーメンの懐中電灯では、光の強さ、眩しさの感じ方は違うという事ですね。

ですので、ライトを購入する場合にカンデラだけで考えたり、ルーメンだけで考えたりすると思わぬ落とし穴があるかもしれないですよね。

3000カンデラもある!と思ったら照射範囲が狭くてあまり実用的ではなかった…なんて事があるかもしれません。

わかってくると徐々に面白くなってきますね♪

長くなりましたが、少しでもイメージできましたでしょうか。

ライトを購入する際の参考になれば幸いです。