先日、クロスバイクのプーリーを交換しました。

プーリーとは

プーリーとはリアディレイラー(自転車の後ろ側にある変速機)についている小型の歯車です。
上下に2つあり、上側がガイドプーリー(UPPER)、下側がテンションプーリー(LOWER)といいます。

クロスバイク プーリー

ガイドプーリーは変速時にチェーンをスムーズに移動させる役割があり、テンションプーリーは変速時にチェーンのたるみを調整する役割をしています。

このプーリーですが、変速の度に摩擦を起こし、少しずつ削れていきます。
とはいえ頻繁に変えるものではないと思いますが、私は以前SHOPでゴールドのプーリーを発見して「いつかこれに変えたい」と思っていました。

消耗したからではなく、走行性能の為でもなく、ルックス的にです(笑)

ルックスは、個人的にはとても大事な部分でもあると思っています。人ぞれぞれ趣味は違いますが、自分が「この自転車最高!」と思えれば思えるほど、大事にもしますし。

そして、実際に走行性能は変わるのかどうかも気になりますね。

説明には「ベアリング非内臓プーリーからの交換では大幅なフリクション低減が計れます」とありました。

フリクションとは摩擦の事です。

私のクロスバイクに付いていたプーリーはベアリングが内蔵されていませんので、交換により摩擦を低減してよりスムーズな走行が出来る…かもしれません。

交換の前に

交換の前に、ひとつだけ注意です。
調べていて見つけた情報ですが、シマノの純正プーリーには駆動部分に微妙な遊び(ガタ)があり、その為変速がスムーズに繋がるような仕組みになっているそうです。
これはシマノの特許らしく、他社ではマネできない
との事。

という事は、現在シマノの純正プーリーを使用している人がサードパーティのプーリーを購入して交換する場合、変速性能が今よりも向上するかどうかという点においては、もしかしたら今以上は見込めないかもしれないですよね。

実際には乗ってみないと何ともいえませんが。

それと、今回購入したアルミのプーリーですが、樹脂製のものと比べると見た目は華やかにはなりますが、当然樹脂性の方がチェーンには優しいと思います。又、「アルミに変えたら若干チャリチャリと音がする」という感想もありました。

それを踏まえて、いざ交換です。

プーリー交換

今回購入したプーリーはこちら

私はゴールドを購入しました。
ACOR アルミプーリー ゴールド

ACOR(エイカー)ARO-2501
アルミプーリー

歯数11T
シールドベアリング内蔵
カラー5色(ブラック・グリーン・ブルー・レッド・ゴールド)
重量:15g

色はアルマイト塗装されておりどれも綺麗な色ですね。

ガイドプーリー・テンションプーリー、上下の区別は特にありません。

プーリーの交換はとても簡単です。
必要な工具は3mmのアーレンキーのみ。

手順

1.フロントのチェーンリングからチェーンを内側へ外す

2.アーレンキー(3mm)でプーリーをばらす

クロスバイク プーリー交換

※暗い場所で作業しているとわかるかと思いますが、明るい場所をオススメします(笑)

※写真は素手で映っていますが、ゴム手袋などをすると良いと思います…

外したプーリーを並べてみました。
クロスバイクのプーリー交換

かなり油や砂などで汚れていました。

3.新しいプーリーを取り付けて元に戻す

この商品にはスペーサーが付属されています。
プーリー スペーサー

コンポの種類によって厚みやボルト径も異なるので、スペーサーを使用する事でその差を吸収させているそうです。

パッと見、ちょっと安っぽいつくりです。手でも外せますが、丁寧にハサミやニッパーなどで切った方が良いかもしれません。

スペーサーは4種類

A:シマノ8.9.10速
B:シマノ7速、カンパニョーロ8速
C:カンパニョーロ9.10速
D:スラム/ESP

私のは7速なのでBを使用しました。

そして装着して、元に戻します。

暗すぎてまともな写真がありませんでしたので、翌日乗った後の写真です。
クロスバイク プーリー交換

脱着の際に掃除をしていなかったので、既に歯先が汚れています。
作業する時はついでに掃除もした方が良いですね。

交換後に乗ってみた感想

交換後は深夜だったのですぐには試さず、翌日このまま自転車通勤で片道21km走りました。

◼︎走行性能・違い
わからない

◼︎音
ネットで見て気になっていたチャリチャリという音はしませんでした。
相性があるのでしょうか…。

◼︎変速性能
良くも悪くもなっていない。

結果、見た目だけが変わりました。
予想通りの結末でした^^

値段も手頃ですし、ちょっとしたドレスアップをしたいという方にはオススメです♪