オススメ自転車保険

毎日どこかで交通事故が起こっています。
歩行者も、車やバイクに乗る方も、勿論自転車に乗る方も、いつ自分が事故に遭うかはわかりません。
どんなに自分だけが気をつけていても、避けられない場合だってあります。

そして自転車事故における高額な損害賠償額。
テレビやインターネットで知っている方も多いかと思いますが、以下のように5000万円を超える賠償額の判決がくだされています。

損害賠償額6,779万円
男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入し、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
(東京地方裁判所 平成15年9月判決)

損害賠償額4,043万円
男子高校生が赤信号で交差点の横断歩道に侵入し、62歳の男性が運転するオートバイと衝突。 男性は頭蓋内損傷で13日後に死亡。
(東京地方裁判所 平成17年9月判決)

損害賠償額5,000万円
女子高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、前方を歩行中の看護師(57歳)の女性と衝突。看護師には重大な障害(手足がしびれて歩行が困難)が残った。
(横浜地方裁判所 平成17年11月判決)

損害賠償額5,438万円
男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。
女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
(東京地方裁判所 平成19年4月判決)

損害賠償額9,500万円
時速20~30キロで坂を下っていた小学5年生の男子児童=当時(11)=の自転車と、散歩中の原告女性が衝突。女性ははね飛ばされて頭を打ち、意識不明の重体
(神戸地方裁判所 平成25年7月判決)

保険に加入せず、ロードバイクやクロスバイクなどで走行する事は、正直オススメできません。
加害者にも被害者にも誰だってなりたくはありませんが、もしもの為に、きちんと知っておくべき事だと思いますので、今回記事にしてみました。

自転車保険は必要?

自転車保険が絶対に必要かどうかと聞かれたら、絶対ではありません。
というのも、自転車保険の内容は主に「個人賠償責任保険」と「医療保険」です。

その中でも、相手に怪我を負わせてしまった時に必要な「個人賠償責任保険」は絶対に必要です。

しかしこの「個人賠償責任保険」は、自転車保険以外でも加入できるんです。

自動車保険や火災保険、共済なんかの特約で入れる場合があります。
その特約を付帯すれば大抵は家族全員を補償してくれますので、お子さんがいるご家庭なんかでも低コストで加入できて良いと思います。

そのような方法もありますので、必ずしも「自転車保険」である必要はありません。

個人賠償責任保険の最大賠償額

ここが一番のポイントだと思います。
最初に挙げた判例でも5000万円を超えるものが殆どでした。
ですので加入するなら賠償額が1億円のプランやコースがある保険会社を選ぶ事をオススメします。

調べるといくつかありますが、以下に個人賠償額1億円という条件を満たしているオススメの5つをまとめましたので参考になれば幸いです。

保険会社名年間保険料個人賠償責任死亡・後遺障害入院日額通院日額
エアーリンク3600円1億円288万円3,000円なし
セブンイレブン
(三井住友海上)
4160円1億円400万円6000円なし
au損保
シルバーコース
6910円1億円400万円6000円1000円
三井住友海上
CYCLE 交通傷害プランB
5120円1億円500万円2000円1000円
富士火災
エコノミー
4390円1億円200万円3000円なし