ここ暫くクロスバイクのペダルをどれに替えようか悩んでいました。

クロスバイクを購入してもうすぐ5ヶ月が経ちますが、自分でカスタムしたり、調べていくうちに、ホント色んなものと出会いますよね。

楽しくて仕方ありません♪

ペダリングは、踏み込むだけではなく、引き上げる力が加わるかなり違うといいます。

加速度が向上したり
登り坂が楽になったり。

フラットペダルでは引き上げる事は出来ませんので、当然踏み込むだけになりますよね。

それによって、膝を痛めてしまう事もあるそうです。

幸い私はまだ膝にはきていないのですが、毎日40km以上乗りますし、引きの力には興味がありました。

ペダル交換の選択肢は幾つかあります。

ビンディングペダル

ビンディングペダル

スキー板とスキーブーツを固定させている仕組みがヒントとなって作られたそうです。
ペダルと足をしっかり固定させる事で、よりスムーズなペダリングが可能になります。
専用のシューズが必要です。

トゥークリップ

トゥークリップ

ペダルにクリップを取り付けて、クリップによって足を固定させるアイテムです。
ビンディングペダルの場合は専用のシューズが必要になりますが、これはスニーカーでも装着できるという利点があります。
ただし、取り付けが可能なペダルと、不可能なペダルがありますので、そこは注意。
取り付け可能なペダルには、ボルトを通すせんよの穴があります。

ペダルストラップ

ペダルストラップ

ペダルにストラップを取り付けて、ストラップによって足を固定させるアイテムです。
クリップ同様にスニーカーでの装着ができるのが利点です。
又、クリップよりも豊富なデザインがあります。
こちらも取り付けが可能なペダルと、不可能なペダルがありますので、そこは注意です。

DINERのペダルストラップ

色々ある中から、YNOTのストラップかDINERのストラップかという二択になりました。

どちらもピストバイクに乗られている方でしたらご存知かもしれませんね。

調べてみると、DINERのストラップは他社製品よりストラップのサイドが強く、型崩れしにくいとの事。

店舗も行きやすい場所だったので、実際に行ってきました。

DINER ( ダイナー )
東京都港区西麻布4-2-10-102
http://www.diner-tokyo.com/

DINER ピストバイク専門店

店内にはかっこいいピストバイクやアイテムが並んでいます。
DINER ピストバイク専門店

気さくで優しい店員さんが、丁寧に教えてくれました。

ストラップはレオパードとブラックの二種類。
ペダルは予想以上にDINERオリジナルのものが回転が良かったので、そのままペダルとストラップをセットで購入しました。

帰ってから自分で交換したかっので、工具もここで購入。
ピストバイク ペダル DINER/ダイナー POWER STRAP PEDAL SET LEOPARD/パワーストラップ

ペダル交換

このペダルの交換に必要な工具はペダルレンチのみ。

サイズは15ミリが一般的です。
ですので、15ミリのスパナがあれば大丈夫です。

又、ペダルによっては6ミリや8ミリのアーンキーが必要になる場合もあるそうです。

注意点としては
ペダルには左右があります
ペダルに(R)や(L)と記載があるはずなので間違えないように。

左のペダルは逆ネジです
正ネジは時計まわりに締め込んでいくのに対して、逆ネジは反時計回りに締め込んでいきます。

あとは、取り付ける前にボルトにグリスを塗っておくとシッカリと締める事ができて、異音やガタを防げるそうです。

実際に乗ってみました

DINERペダルストラップ

当然ですが、感覚が全然違います!
出だしの加速も一気にあがりました。

引く時に必要とされる自分の体の力がまだ弱いと思うのですが、それでも大きく変わりました。

DINERパワーストラップ

ペダルストラップに足を通すのは、最初は難しく感じましたが、30分程で慣れました。

DINERのペダルストラップはサイドがシッカリと作られているので、型崩れしにくいというのも、使ってみて実感に変わったという感じです。

ストラップお探しの方、これはオススメです♪