雨の日 自転車 滑る

クロスバイクを買ったばかりの頃、会社からの帰り道で突然の雨に降られました。

「うわ〜最悪だ〜!」なんて思いながらも、やけにペダリングが軽くなったような気がして楽しくなったのを今でも覚えています。

原因はタイヤと地面の摩擦が減った為です。

雨によって路面が濡れ、タイヤのグリップ力が低下します。

路面の状態によっては滑りやすくなりますので、「軽くなった!」と浮かれているのは危険ですね(笑)

実際にどのような場所が危険かというと

道路上の白線

車道外側線 滑る

特に車道外側線 (路端寄りに引かれている白の実線がペイントされた区画線) は、自転車走行中よく見かけると思います。同じように横断歩道の線も滑りやすくなっています。

路面表示用塗料と呼ばれるトラフィックペイントは、そもそも塗膜に弾性・耐摩耗性がある事が要求されているので、雨に関係無く摩擦係数はどうしても小さくなります。

最近は水性アクリルのトラフィックペイントも使われているそうですが、それでもやはり滑りやすくなっているそうです。

マンホールやグレーチング

マンホール 滑る

グレーチング 滑る

濡れた鉄の上のは要注意です。
中でも道路の排水路にかける蓋としてもよく使われているグレーチングは、自転車走行中もよく見かけます。

これらの上で急ブレーキ、急加速は転倒する危険があります。

タイル状の路面

タイル状の路面 滑る

タイル状の路面 滑る

アーケード、商店街などの路面で、タイル状になっている場所がよくありますよね。

このような場所は雨の日も多くの人が歩きますので、屋根が付いていても人が雨水を運んできます。

こうした場所をスリックタイヤなんかで強くブレーキをかけたら、確実に滑ってしまいますので注意が必要です。

他人を事故に巻き込む事になりかねませんので、自転車を降りて通行しましょう。

滑りそうな場所は、なんとなく言われなくてもわかるような感じもしますが、「ついうっかり」が大惨事になりかねません。

雨天走行、路面とタイヤの摩擦は減り、確かにペダリングは軽くなりますが

・急ブレーキ
・急加速
・急ハンドル

これらは危険ですので

・減速して走行する
・自転車を降り、歩いて通過する

など、事故を起こさないよう注意をしましょう。