rule
ニュースでも頻繁にやっていますが、いよいよ本日から道路交通法が改正されました。
普段から自転車に乗る方は必ずチェックして、注意して運転しましょう。

注意すべきはコレ!

自転車は道路の左側に設けられた路側帯を通行

違反した場合は→(懲役3カ月以下または罰金5万円以下)

走る場所に関していうと
「歩道以外は、左側通行」という事です。

時々逆走する自転車とすれ違う事がありますが、本当に危ないですよね。

ブレーキがない自転車の運転禁止命令

違反した場合は→(罰金5万円以下)

「ブレーキがない?」って疑問に思う方もいるかもしれないですが、競技用の自転車で、後輪にブレーキがないものもあります。

そのような自転車では公道を走ってはいけないのですが、平成25年11月11日には全国で初の逮捕者も出ていますね。

自転車のブレーキが効かない恐れがある場合、警察官はその場で停止させて検査ができるようになりました。
整備不良自転車と認められ応急整備ができない場合はその時点から運転の継続が禁止されてしまいます。

命令に従わない場合は
「5万円以下の罰金」

との事です。

ルールを守らない人だけが怪我をするならまだしも、他人を巻き込む可能性もありますから、何よりも事故のないように心がけましょう。

あと個人的には、周囲の音が聞こえない程の音量で聴いている”両耳イヤホン”も怖いです。

先日目にしたのは、救急車が来ているのに気付かず、高速で救急車の前を走り抜けていったのには驚きました。

そして夜間の無灯火。これも違法です。
ゆっくり歩道を走るならまだしも(といっても危険には変わりないですが)、車道を無灯火で走るのは完全にアウトですよね。バッテリー式のライトであれば残量に気を配ったり、電池式であればコンビニでも買えるでしょうけど、予備を持ち歩く等、普段から意識が必要ですね。

その他のルールにおいて具体的な例等が警視庁のホームページに記載されています。
不安な方は一度チェックしてみてください。
警視庁/自転車の交通ルール

自分も再確認して、月曜日からまた安全を心がけたいと思います。