最近ブーツを探していて、深夜のネットサーフィンで寝不足続きです。

REDWINGが好きで、セッターを2足、10年以上前から履いています。

造りがしっかりしているものは、定期的にメンテナンス、手入れをすれば、それこそ何十年と足を守ってくれますし、革が自分の足に馴染むので手放せなくなりますよね。

又、ソールの全交換やカスタムができるのも魅力。

今回はエンジニアブーツを探していました。
RED WING 2976 ショートエンジニアブーツです。
20140413-133014.jpg

新品だと約4万円程。
中古でも2万円~3万円はします。

なかなかのお値段がしますので、もしも状態の良い中古品などがあれば、是非手にとって見てみたいなと考えていた時に、こちらのショップと出会いました。

レッドウィング買取専門店 「HOPESMORE」
東京都世田谷区三宿1-1-19 梓ビル1F
営業時間11時~20時 定休日:月曜日
03-6413-8683

20140413-133349.jpg

場所は、国道246号から三宿の交差点を曲がってすぐの場所。

素敵な外観
20140413-133451.jpg
(写真はHOPESMOREサイトより)

店内に入るとブーツ好きにはたまらない空間が広がっています。
20140413-133528.jpg
(写真はHOPESMOREサイトより)

先日行った時には残念ながら自分に合うものがなかったのですが、ちょこちょこと自転車で寄り道したくなるお店でした。

閉店時間も近かったのですが、店内は勿論、お店の外でも職人さんがブーツの手入れをしていたり、ブーツの撮影なんかもしていました。

羨ましい空間。

自転車もそうですが、好きなものだし、長く付き合っていくものは、こういう信頼できるショップや人から買いたいです。

また行こうと思います。
RED WINGでお探しの方は是非!


又「ショートエンジニア」で8182という型番もあります。
こちらは並行輸入品。

20140413-134845.jpg

光沢のある2976正規輸入品の仕上がりと比べると、こちら8182はマットな仕上がり。

正規輸入品と並行輸入品

正規輸入品とは、海外メーカーや海外ブランドから正規のルートで輸入した商品。
そのメーカーやブランドの日本法人や正規代理店が直接購入して輸入し、販売しています。

それに対して、並行輸入品は、正規とは別のルートで輸入した商品なので「並行」という言葉になっているそうです。

要するには、一般に流通しているものを、メーカーやブランドと契約関係にない第三者が買い付けて、それを日本に輸入しているものだとか。

<参考サイト>
「並行輸入品」とは?正規輸入品との違いなど解説 – キーワードノート

ネットショッピングでは詐欺サイトにご注意を

RED WINGをネットで探していると怪しいサイトが沢山出てきます。。。
例えば「RED WING 激安」などで検索すれば、詐欺サイトと呼ばれるものが沢山ヒットします。

「わ!安い!」とすぐに購入したくなる金額だったりもするのですが、そこは落ち着いて、騙されないように。

サイト内を見れば、それがおかしなサイトだという事はすぐにわかります。

例えば、(恐らく)中国語を無理矢理日本語に翻訳している為、所々おかしな日本語になっていたり(笑)

又、ネットショップの場合、特定商取引法に基づき以下の表記は記載しなければなりません。


1.販売価格(税込表記)
2.送料並びに購入に付帯する費用(振込手数料・代引き手数料など)
3.代金の支払い時期並びにその方法
4.商品の引き渡し時期
5.返品に関わる条件
6.事業者名商(氏名)、住所、電話番号、メールアドレスなど連絡先
7.営業時間・問合せ受付時間・休業日など
8.責任者氏名
9.申込に有効期限がある場合には、その期限
10.不良品・破損時の対応
11.販売数量の制限やその他特別な販売条件があるなら、その内容

私が見た怪しいサイトには会社名も代表者名も電話番号もありませんでした。
メールアドレスだけは掲載していましたが、YahooやGmailというフリーアドレス。

パッと見はよくあるネットショップなのですが、気をつけないといけませんね。

話がだいぶ逸れましたが…
HOPESMOREという素敵なSHOPに出会ったというお話でした。

RED WING 好きな方は是非。

私は次はベックマンあたりを狙っています。
かっこいい。